2007年10月25日

ちょっとマジメな話。

涼しくなったと思ったら暑くなって、また今日は涼しいですね^^

絶好調の暑がりちょここです、こんばんは!



たまには、ちょっとマジメに(笑)


わんこの繁殖って、すごく難しいですよね。

特にいろいろなカラーのあるわんちゃん。

珍しいカラーを生み出すことだけを考えて繁殖するブリーダーがいて

障害を持つ仔犬が、すごく増えているそうです。


なので、パ○ソニックのCMを最初に見たときは

かなりどきっとしました。

ご覧になってますよね〜?

小雪さんが抱っこしてる白いわんちゃん。

アルビノ(色素がない、少ない)のダックス??って思いました。


実際は、チワックス(チワワ×ダックス)なのだそうですが

非常に問い合わせが多いそうです。


うーん。

あまりメディアに出して欲しくなかったかも。


ここしばらく、MIX犬って流行ですよね。

うちの近所のショップでは、見かけたことはないですが

他地方の友人によれば、半分以上MIXのショップもあるとか。

最近じゃ、デザイナーズドッグとか言うそうですね^^;


個人的に、MIXが反対とか、嫌いとかはないです。

どの子も可愛いわんちゃんに変わりないわけですし

すごく細かいことを言うつもりもありません。

ただ、それがお金儲けとなると・・・。


骨格のぜんぜん違う犬種を掛け合わせて、

もしも、可愛らしい仔犬が生まれなかったら、どうなるかご存知ですか?

生まれなかったこととして、闇に葬り去られます。

そして、可愛らしい容貌の子だけが店頭に並ぶのです。



あ、MIXのわんちゃんと一緒に暮らしている方を責めるつもりは毛頭ありませんよ^^

私だって、運命感じたわんちゃんがMIXだったら、迷わず迎えると思います。



ただ、やっぱりメディアで流行に拍車がかかるのは怖いなぁ、と思うのです。


わんちゃんを守るために。



私としては、

「雑種犬とMIXは違う」という言葉も

「純血種以外はだめ」という言葉も

「雑種犬の方が丈夫で賢い」という言葉も好きではありません。

そのどれもが、犬を差別してるように聞こえるから。


どの子も「愛しいわんちゃん」

それだけで十分ですよね^^



ただただ、人間の都合で、不幸なわんちゃんが増えて欲しくない

そう思っています。



純血種のスタンダードを守るのは、それはそれで大切だと思いますけど

優良なブリーダーさんにお任せします(笑)


家庭犬は、雑種犬だろうと、スタンダードからはずれていようと

関係ないですよねっ(*^▽^*)




dl-81.jpg   dl-83.jpg





骨格はスタンダードからはずれているデカチーズやで♪
と、胸を張るこっちゃんに応援を(笑)

blogr2.jpg


かーたんに迎えられたときは、アイラインもなかったでち♪
な、色素の薄いとろろちゃんもクリック!クリック!

blog-r.jpg

ニックネーム ちょここ at 19:03| Comment(22) | TrackBack(0) | 犬のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

愛しのアフガンハウンド。

外は涼しいのに、家の中は暑いちょここ家です(^▽^;)

今週末は涼しくなるかな〜
 



今日は、我が家の歴代わんこの内の1匹の話を。

アフガンハウンドのロッキー、♂


残念ながら、古いので(汗)まともな写真がありませんでしたあせあせ(飛び散る汗)


アフガンハウンドって、こんなわんちゃんですよ^^⇒犬種図鑑

この写真の子にそっくりなロッキーでしたるんるん



非常におとなしくてマイペース。

散歩のときに、チワワちゃんとかに吠えられると
私の後ろに隠れちゃうような、ビビリちゃん^^



ほんとに優美で素晴らしい犬種なんですが・・・。

実は「犬のIQランキング」では、最下位なんです顔(汗)

IQランキング、英語のサイトですけど
見てみたい方はどうぞ(笑)右犬のIQランキング


たぶん、超のつくマイペースさが、ランキング最下位の元だと思います。

ロッキーも、スワレはもちろん、
ほとんどコマンドなんかしてくれませんでしたっけ(笑)

でも、決しておばかさんではないですよわーい(嬉しい顔)



今も忘れられない思い出のひとつに、こんなことがありました。

実家に連れて帰ったとき、母にロッキーを託して食事に出たことがあるんです。

突然知らない家に置いて行かれて、不安だったのでしょうね〜

帰ってきたら、前足を踏み鳴らして大喜び!(珍しいです・笑)

そばに座った私の膝に、大きな顔を何度も擦り付けてました。



「よかった、よかった!帰ってきてくれた!」

って気持ちが伝わってきて、その時も感動しましたけど
今も思い出すと涙がこぼれます。


普段、飼い主さんには媚をうらないタイプの犬ですが
実は愛情深い犬種だと思います^^


また一緒に暮らしてみたいぴかぴか(新しい)


って、暮らしてみたい犬種、全部迎えると
20頭くらいになりそうですがあせあせ(飛び散る汗)


アフガン飼いさん、いらっしゃったら教えてくださ〜い。

ブログへ遊びに行きたいです顔(笑)




マルチーズはIQランキング59位だよ!
にびっくりなこっちゃんに応援を(笑)

blogr2.jpg


そんなはずないでち!なとろろもクリック!クリック!かわいい

blog-r.jpg

ニックネーム ちょここ at 20:29| Comment(5) | TrackBack(0) | 犬のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

ブリーダーの選び方。

こんにちは^^ ちょここです♪



わんちゃんを家族として迎えるとなったとき、どこから迎えますか?

こだわりのある犬種がある方は、
ブリーダーから迎えることが多いのではないでしょうか。

でも、どこのブリーダーでもいいって訳ではないですよね。



今日は、ブリーダーの選び方について書きたいと思います^^



まず、特定の犬種、あるいは2〜3種類の犬種を扱っておられること。

犬種によって、遺伝的疾患も違いますし、性格も違いますよね。

特定の犬種に惚れこんでブリーディングされているのなら
遺伝疾患も対策をされていることでしょう^^

しつけ方などの相談にも乗ってもらえると思いますよ。




次に、いつでも犬舎を見学させてくれるブリーダーさんを選びましょう。

小型犬ならば、家の中でブリーディングされていることも多いので
家の中も見せてくれるブリーダーさんが良いですね^^

犬舎やハウスが清潔に保たれているのは必須です。



その時に、母犬に会わせてくれることも大切です。

仔犬は母犬の性格を受け継ぐことが多いので、
穏やかで人懐こい母犬ならば、
仔犬の性格も安定している可能性が高いと思います。

成長した姿も、ある程度は予測がつきますね。




噛む犬のときに、「犬の社会化期」の話をしましたが
ベビーの時期に、兄弟犬や母犬、
またブリーダーさんの家族とたくさんふれあっているわんちゃんがいいと思います。

ベビーの間だけでも、家庭の居間で過ごしていると嬉しいですね。

出来れば、3ヶ月、最低でも2ヶ月は、ブリーダーさんの手元で育ててもらいましょう。




cot353.jpg
こっちゃんのベビー時代(生後2ヶ月半)





その他、家庭犬、ショータイプ、スポーツドッグなど
自分の望むわんちゃんをブリーディングしている方を探しましょう。


特にスポーツドッグは、足や関節が丈夫でないと楽しめません。
ブリーダーさん自ら、スポーツを楽しんでいるところがいいですね。



もちろん、ペットショップという選択もあります。

いいショップの選び方も、いずれ書いていきたいと思います^^




また、里親という場もありますので、
犬種にこだわりがない場合(結構いろんな犬種がいますが)オススメです♪

成犬が多いですが、ある程度の性格が出来ていますので
小さな子供さんがいたり、お年寄りがいる家庭には
安心できる迎え先ではないでしょうか^^





ペットショップに長期間いたとろろに応援をるんるん

blog-r.jpg


やっぱり、社会化期には不安のあるこっちゃんもクリック!クリック!

blogr2.jpg

ニックネーム ちょここ at 19:54| Comment(7) | TrackBack(0) | 犬のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

命。

ちょっと、今日は暗い話をすることになりそうです。

すいませんm(__)m



私は観てなかったのですが、
とある番組で、保健センターの取材VTRが流れていたそうです。


実際の保健センターをTVで流すのは、最近は珍しいことですね。


で・・・。
このTV番組の動画を観ました。

ショックで言葉を失いました。



もちろん、犬や猫などの動物が、どうやって殺処分されているのか
どれほど理不尽な理由によるものなのか
元々知っていますし、わかっているつもりでした。


でも、現実に処分を願いに来た家族の声を聞くと・・・。


改めて、怒りで体が震えてしまいました。

悔しくて悔しくて、涙が止まりませんでした。





人ってなんなのでしょう?

命ってなんなのでしょう?





子供を連れた家族が、猫を処分に持ち込むんです。

父親はこう言います。

旅行で海に行くからと。

子供に、海か猫かを選ばせた結果なのだと。



子供たちは泣いています。
母親も。

でも、母親はこう続けます。

少しの間ですけど、子供が優しくなってくれてよかったと。





子供に優しさを与えてくれた猫を殺すのですか?


おかしくないですか?


旅行と猫の命を選ばせる親に育てられた子供が
そのまま優しい気持ちを持ち続けるとでも思っているのでしょうか。




私も子供を持つ親です。

でも、もっとも教えたいことは、命の大切さです。


そもそも、旅行と命を天秤にかけさせるなど、
ありえないことですが、
もしも、そういう状況で、子供が旅行を選択したとしたら

私は絶対に許しません。





保健センターでの殺処分は、安楽死ではなく、窒息死です。

長い時間、息が出来ずに悶え苦しむのです。





それでも、年間に殺処分される動物は、
20万頭とも30万頭とも言われています。




どうぞ、観てみてください。

⇒ http://jp.youtube.com/watch?v=ivG9ywery6w





多くの人に知っていただきたいと思います。

blog-r.jpg


blogr2.jpg

ニックネーム ちょここ at 19:55| Comment(10) | TrackBack(0) | 犬のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

老犬介護を応援します。

この間、本屋さんの犬本コーナーへ行くと、
並んでる本の3割くらいが「老犬もの」で、
びっくらしたちょここです、こんばんは^^

そっか、需要が増えてきているのか〜

それだけ、長生きするわんこも増え、
わんこを家族として暮らしてる人が増えてるってことですね^^



元々、ちょここは老犬介護分野に非常な興味があります。

我が家のコットンととろろは、まだ2歳8ヶ月と2歳5ヶ月の
ピチピチボーイ(年代が出てる)ですが、
今まで6匹のわんこを見送ってきましたし。

本当は、ショップを「犬介護用品専門店」にしたかったんです。

仕入れ先の関係で、不可能だったんですけどたらーっ(汗)



なので、わんこを介護されている方を
ものすごい応援をしたいと思っています^^



犬の介護って、めちゃくちゃ大変なんですよ。

ましてや大型犬に至っては、ひとりじゃとても無理です。

せめて、便利なグッズで軽減していただきたいと願ってました。


そんなちょここなので、
実は老犬介護のブログを持っています^^
⇒「老犬介護をマジメに考えるサイト



このブログを作ったのは、確か3月〜4月だったでしょうか。

とりあえず、ブログ村の「老犬カテゴリー」に登録はしていたんです。

先日、このブログを通して、ブログ村にログインしたとき
「そういえば。」と、思い出し、老犬カテゴリーを見てみたんですね。

登録ブログは50くらいなので、49位とか50位とか想像しながら。

だって、半年くらい更新してないですからあせあせ(飛び散る汗)


そしたら!
16位にランクインしてて驚きました!(嬉)

週間アウトが多いのは、
タイトルを見て来てくださる方がおられるのでわかるのですが
週間インもそこそこあり。

マジで涙もんでした(感涙)

どなたか、応援クリックしてくれてるのかも。
(検索で来た人が遊びに行ってるんじゃ?との突っ込みはなし(笑))



心を込めて、応援の気持ちで書いたブログです。

また、更新しようかな(笑)


要介護わんちゃんと暮らしている方、
ほんとにほんとにほんとに応援してますよ!





我が家の看板犬は、最近こんな姿です(^▽^;)

dl-2.jpg

あはは(T▽T)



左サイドバーにある、無料プレゼントをDLしていただいたら
ちょここのメルマガにも登録されるのですが(もちろん無料です)
そこでも、いろいろ書いていきますので、
よかったら読んでみてくださいね〜!

無料レポートもちょここが書きました顔(笑)




もう秋だというのにサマーカット?
寒そうなとろろに応援のクリックを!(笑)

blog-r.jpg


ブログ村のサブカテゴリを「犬用品・グッズ」のみから
「マルチーズ」も増やしたら、
ポイントが半分になることを今知ったちょここです(^▽^;)

順位を落とした可愛そうなこっちゃん(?)に応援を!(笑)

blogr2.jpg

ニックネーム ちょここ at 18:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 犬のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

ペット保険、我が家の場合。

こんにちは^^ ちょここです♪


わんこ飼いのみなさんは、ペット保険には入ってますか?

我が家は、こっちゃんだけ入ってるんです^^;

とろろも入らなくては、と思いつつ、未だ入っておらず。

いい加減決めないとなぁ、と思っています。




ペット保険の資料は、たんと請求しました(笑)

えっと、9社取り寄せしました顔(笑)

これが、ほんとに保障内容はさまざまだったんですよね。

dl-1.jpg

写真は8社ですけど、1社はちょうどタイミング悪く(良く?)
共済制度からペット小額短期保険会社に変更になった時で。

遅れて届いたので、写真撮り直ししてません^^;



あ、ペット保険と言ってはいますが、ほとんどは共済制度です。



資料を揃えるだけで、ほんとに勉強になりますよ^^

「年齢制限が全くない会社(健康であれば)、厳しい会社」
「定額保障に定率保障、全額保障までぴかぴか(新しい)
「賠償や予防接種等は、組み込まれているのか、特約なのか」
「健康で大きな病気がなければ、健康返戻金はあるのか」

こんなのが、それぞれバラバラなんですがく〜(落胆した顔)


それぞれの家庭のライフスタイルに合わせて選ぶといいですね^^


「うちの子、健康だから、予防以外は病院行かないし」
なんて思っておられる方もいらっしゃるかもしれませんが
犬は年齢を重ねるのがとてもはやいです。

シニア犬になって、持病を抱えるようになってからでは
なかなか加入できませんね。

もしものときに、手術や治療の金額を聞いて
悩んでしまうのも悲しいですし。

掛け捨てが嫌なのなら、健康返戻金のあるとこがいいですよ^^


なんて、別に保険会社の回し者ではないです(^-^;


ちなみに、こっちゃんは、アニコムに入っています^^

かかりつけの病院が提携病院なので、
窓口で精算出来るので便利ですかわいい





左サイドバーにある、無料プレゼントをDLしていただいたら
ちょここのメルマガにも登録されるのですが(もちろん無料です)
そこでも、いろいろ書いていきますので、
よかったら読んでみてくださいね〜!

無料レポートもちょここが書きました顔(笑)




保険に入ってないのに、実は病院代はこっちゃんより上な
とろろさんからのお願い(笑)

blog-r.jpg


保険入ってるけど、ほとんど使ってないこっちゃんもクリック!(笑)

blogr2.jpg

ニックネーム ちょここ at 21:17| Comment(5) | TrackBack(0) | 犬のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする